テプラデカール 作成編

テプラデカール
チキン
チキン

前回は必要な道具などを紹介しました。

今回は実際にテプラデカールを作っていきます。

必要なソフトや物資は揃えましたか?

がんばっていきましょー

※機器が破損しても私もKING JIMさんも一切の保証はできません。

データ作成

チキン
チキン

はい、初っ端から鬼門です。

これが出来る出来ないはパソコンのスキルであり。

デザインセンスやモデラーの技量とはちょっと違います。

とはいえ、イチから作り方を説明すると長大な文章と化しますので専門のホームページを探してみてください、ここでは要点だけを説明します。

  • データは黒単色で作る
  • illustratorの場合文字のアウトラインはとらない
  • 画像だと網点で印字されるので、ペンツールでトレースしてベクタデータにする

この他にもラスタライズやらdpiやらありますが、特筆すべきはアウトライン化しない点、 アウトラインをとると文字が僅かですが太ります。

家庭用のインク、レーザープリンタの解像度でも多少太りますが殆どわからないレベルです、 しかしテプラの360dpiでは目に見えて文字が太り、シャープさが失われ潰れます。

1/144サイズ用のコーションなどの極小文字では致命的になりますのでご注意ください。

こんなふうに自分で好きなコーションやマーク、文字等を作れます。

印刷準備

チキン
チキン

初めてデータを用意できた人はおめでとうございます。

元々そういうスキルがあった人ならココから先も簡単なハズです。

それではここからカートリッジの加工作業を説明します。

デカール台紙カット

使用するカートリッジの幅から0.5mmくらいを引いた幅に切り出すと良いです。

今回は24mmカートリッジのため23.5mm幅に切り出します。

ざっくりでかまいません、定規とナイフでカットしても良いですが、裁断機があると簡単です。

セットして

スーッと引く

おわり。

一番良く使うサイズを短冊状に沢山切り出しておくと効率的です。

デカール台紙 下地処理

短冊状に切り出したデカール用紙の台紙部分を剥ぎます。

何を言ってる分からないかもしれませんが、剥ぐんです。

デカール台紙も何層かの紙が貼り合わさって出来ています。

台紙を一枚剥ぐだけでもテプラ本来のシールの厚みに近づき、デカール台紙の柔軟性が増すため印刷ヘッドへの密着性が高くなりカスレ低減につながります。

台紙の末端からデザインナイフで台紙の層を分離して、ここを取っ掛かりに指で剥きます。

慣れるとこんな感じで1短冊30秒ほどで剥けます。

左がそのまま 右が剥いだものです、僅かですがこの差が大きいのです。

殻割(分解)

テプラカートリッジの分解です。今回は手元にあった新品の黒インクを分解します。

普通にテプラを事務機器として仕事等で使用していても、たまにカートリッジのインクリボンが切れたりして使用不可能になってしまいます。

そういう時もこの手順を覚えておくと修理することが可能です。

※KING JIMさん的にはカートリッジの分解は非推奨です。

分解にはナイフとオープナーがあると便利です。というか必須?

外周を見てみるとツメが2箇所確認できると思います。

本体下面 左側

本体 右面下部

デカール台紙を補充するたびに分解することになるため

このツメをデザインナイフ等で切り落として分解しやすくします。

分解後ニッパー等でツメを完全に切り落としてもOKです。

そしてシールも2箇所あります。


エコマークを真っ二つに切るのは忍びないですが、ナイフで切り込みをいれるだけでOKです。反対も同様に切っておいてください。

ツメを削り、シールを切ったら、ここら辺をとっかかりにしてオープナーでこじ開けます。

ピンの周りをこじって開けるのですが、中身を傷つけないように注意してください。

ピンは8箇所ありますが分解後に不要(分解に邪魔)なピンがありますので適宜削ったり切り落としたりしておいてください

特に注意すべきはこのピンです。こいつだけは外周をこじっても外れません。

ここにオープナーをぶっこむか、つる首ピンセットを差し込んでテコで外すか

いずれにしても慌てず、カートリッジ、工具、双方壊さないように焦らずじっくり外してください。

慌てず、慎重に、こじこじすると

ぱっかーんと、開きます。

※テプラの幅によってガワのデザインや内部の構造が若干違いますが殆ど同じ手順で分解することが出来ます。

取り出し

分解した段階でよーーーーく観察してください。

どういう構造で、台紙やインクリボンはどこを通っているか、それぞれのパーツの役割は何か、 これを知っていないと、トラブルが起きたときに原因が分からず、自己解決できません。

とはいえ、結構かんたんな構造をしています。

分解した段階で外れてる事も多いですがインクリボンの押さえを取り出します。

次に台紙の送りローラーを取り出します。

そして台紙ロールのストッパーになっているバネを取り出してください。

最後に台紙ロールを取り出します。

この工程はデカール台紙補充の度に行いますので、この構造はよく覚えてください。

デカール台紙の下地処理

短冊状に切り出し剥いた台紙にメタルプライマーを塗布します。

さっと1往復(2回)を軽く吹き付けて乾燥させます。

5分くらい乾燥させたらOKです。

塗面がサラサラになるタミヤもしくはフィニッシャーズでないとベタついて予期せぬトラブルを引き起こします。

再塗布するにも一度取り出しが必要ですので、プライマーを塗布した短冊は使い切るのがベストだと思います。

塗布して数日経過したものを使ったときは明らかにインクの乗りが悪かったです。

デカール台紙を継ぎ足す

取り出した台紙ロールにデカール台紙を継ぎ足します。

裏面をマスキングテープで止めてロールに巻きつけます。

私もネットで得た知識でやっているのでこうしてますが

これ実は不要かもしれません。

台紙ロールにはストッパーしかついていないので、テプラの給紙は出口部分のローラーで行います。そのため継ぎ足しにあまり意味はないものと思います。

が、給紙の安定のためには継ぎ足したほうが無難でしょう。

あとは取り出した部品を元通りに納めて、蓋を閉じたら完了です。

印刷をしてみる

イラレで説明します。

プリンターはテプラを選択します。

プリンター設定からテプラの幅と長さを設定する

使用するテプラの台紙にもよりますが一般的なA4サイズ紙を使う場合240mmくらいが妥当でしょう。

印刷濃度を濃くすると定着は良くなりますが線が太くなります。

印刷濃度を薄くすると定着が悪くなるけど線はシャープに細く出せます。

極小文字を出したいのかベタ印刷をしたいのか、結構振れ幅がありますので適宜調整してみてください。

注意点としては

・テープの送りカットはなし(送りカットすると台紙がもったいない)

・印刷速度は低速にする

テープの送りカットを切ると台紙のムダも省けますが、体感的にカスレや印字不良が低減しました(個人の感想)

あとは印刷ボタンを押してテプラから印刷されるのを待ってください。

思いの外あっけなく、デカールは出てきます。

そうです、何度も言いますが簡単なんです。

貼ってみる

同じデータでもテープの色でバリエーションが作れます。

貼り方は通常の自作デカールと同様です。

余白を少なめにカットして

カットによる末端のめくれを叩き押さえてください。

あとは水orお湯に浸して貼ります。

※台紙を剥いだ事により水分が浸透しやすく、すぐにスライドしはじめます。油断をしているとデカールがふやけすぎるので、まとめて浸すのはあまりオススメしません。

使用例

無料フォント等を使用してオリジナルのロゴやマーク、 型式番号や所属といった、市販品ではカバーされていないアイテムを作れるだけでなく

RGではよく見るホワイトのラインデカール等も採寸してデータを作ることで機体に合わせて専用のものが作ることができます。

まとめ

チキン
チキン

どうです?できましたか?

意外と簡単でしたよね?

慣れると、簡単な文字やラインデカールならデータ作成から貼り付けまで20分もかからずにできると思います。

道具さえ揃えてしまえば、いつでも簡単に必要な分だけホワイトデカールやゴールドデカール、グレーデカールなんかが自作可能になります。

デカールはプラモデルにおけるほんの一部分でしかありませんし、必須でもありません、ですが、使い方によっては作品の印象を大きく左右する最後の仕上げアイテムでもあります、是非ともオリジナリティやクオリティの一助に試してみてはいかがでしょうか。

実物を見てみたい使ってみたいという方は展示会等でちょこっと配っていたりもしますし、TwitterでDMいただければ対応できますのでお声がけくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました